コウキ

ドライブ・マイ・カーのコウキのレビュー・感想・評価

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
4.0
受け入れることは簡単のようで難しい。

舞台俳優兼演出家の家福は、脚本家の妻・音と幸せな日々を過ごしていた。しかし、妻は帰らぬ人となってしまう。時は経ち、演劇祭を務めることになった家福は広島を訪れる。そこでドライバーのみさきと出会い、止まっていた家福の時間が動き出す。

練り込まれた脚本と演出は見事としか言いようがない。音の使い方、セリフ回し、役者陣の演技、カメラワーク、描写と全てが噛み合っており、芸術作品を見ているようだった。

3時間という長尺は、とにかく丁寧に、人間の変化を映し出す上で必要不可欠な長さだったのだろう。その長さを感じさせない展開も素晴らしい。

人はみな誰かを演じながら生きている。ありのままの自分を曝け出して生きていけるほど、人間は強くない。だからこそ、ありのまま生きている人は光り輝いて見える。
見て見ぬふりをして、事実を覆い被し、無理やり進み出しても、前には進めない。ありのままを受け入れよう。好きなところも嫌いなところも、愛し合った事実も隠されていた罪も、全て受け入れる。そうすることでしか、前に進めない。
人生で必ず訪れる別れをいかにして乗り越え、また歩み出すのか。そのヒントをもらえる心温まる物語。

ただ、この作品を真に理解するに自分はまだ若すぎる気がした。より人生経験を積んでから見返したとき、違った感情が浮かんでいればいいなと思う。