巴里得撤

ドライブ・マイ・カーの巴里得撤のレビュー・感想・評価

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)
4.2
棒読みのような台詞まわしの裏に横たわる、それぞれの「感情の黒い渦」。それが徐々にあらわになっていく。
たしかに脚本がすばらしい。
西島秀俊も三浦透子もよかったけど、もっともエモーショナルで、かつ人を癒す力をもっていたのは手話だったのも、この映画の本質を表しているような気がした。言葉では表現できない何かを抱えながら生きているのが人間なんだろう。