ドライブ・マイ・カーの作品情報・感想・評価・動画配信

ドライブ・マイ・カー2021年製作の映画)

上映日:2021年08月20日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

あらすじ

「ドライブ・マイ・カー」に投稿された感想・評価

最近の春樹原作作品では『バーニング』がよかったけれど、「春樹ワールドの空気感」という点では本作の圧勝。
情感のないセリフや熱量低めのトーンがここちよく、約3時間という長丁場も飽くことなかった。
岡田将生は『星の子』の先生役みたく「なんかちょっとずれてる嫌な感じのイケメン」役が本当にあってる。
音が作った小説聞くだけでもみる価値ある。
セリフ一つ一つが自分に身に覚えのないのにガツンと響いてくるようなそんな言葉ばかり。
作中の多くの謎が謎なまま彼らの人生がただ続いていっている。いい映画

けど……集中できんなーー。
私のようにDVDでみずに
映画館で見た方が絶対いいです
かなこ

かなこの感想・評価

4.5
ありのままの自分でいること、ありのままの相手を認めることの難しさ。
謎がいくつも残されて終わるが、わからない映画、ではなくむしろそれを余韻として印象的に残す表現。
大きな波が無くゆったり始まりゆったり終わる。雰囲気が魅力的な作品
ptale

ptaleの感想・評価

3.8
個人的には好きだったけど、気持ち悪いというのもほんとにわかる。あと映画館で観るあの濡れ場はちょいときつい。
ノナ

ノナの感想・評価

4.8
自分にも相手にもかっこつけず恐れず素直になるのは大切なことなんだな
元々ドライブが好きだけど、それには理由があって、それが分かった気がする
乗っている間は車の外にはどこにも行けないから今はここにいていいんだって安心するし、他にすることもないから自分に集中できる
Toru

Toruの感想・評価

5.0
何回見たんやろ
3時間、尿意を忘れさせてくれた
靜

靜の感想・評価

-
繰り返される台詞が体に馴染み自在に取り出せるようになった頃、言葉はさらに奥深くの精神にまで浸透し始める。肉薄するほどに痛みを覚えながら、琴線に触れた瞬間に沸き起こる奇跡のような瞬間。“演じる”ことでしか到達することの出来ない奇跡のような映画的祝福の瞬間。言葉が受肉した瞬間の研ぎ澄まされた演者の様子に「今、ここで何かが起きていることだけが分かる」と息を呑む幸福。特別で個人的な瞬間を目撃することを許された鑑賞者である幸福。
“演じる”ことを糸口に浮き彫りになる喪失感と、流血した心を重ね合わせる相手との邂逅、本当のことを口に出せる(=受容)までの時間を、車窓から外の景色を眺める合間の白昼夢のような気分で見つめた。滑らかで乗り心地の良い運転で。

まったく言語化が出来ていなくて抽象的ですね。
この先何十年も、ふとした時に取り出しては何度でも眺め回す物語になると思った。とても映画らしい映画だった。

岡田将生という俳優を初めてちゃんと観た。それまで何度もいくらでも観たことのある俳優だけど、彼の長回しのシーンで初めて出会ったような不思議な気分でまじまじと眺めてしまった。
三浦透子の素晴らしさ。自身に頓着がない服装。(大変好みで胸が高鳴りっぱなしだった)愛想のない受け答えをするけど、本当に愛想がないだけで返答は裏表なく真摯で好ましい。もう本当にいつまでも見ていたかったし、声を聞いていたかった。彼女に限らず、どの人に対しても台詞をもっと聞きたい気持ちにさせられた。
台詞に耳を傾けることが心地良いって感覚、とっても好きだなあ。
>|

あなたにおすすめの記事