しお

浜の朝日の嘘つきどもとのしおのレビュー・感想・評価

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)
3.5
あさひの恩師茉莉子先生は、ひととの距離を詰めるのがうまいように見えるが、本当に大切な人に対して自身を開示する事が苦手であり、最期の瞬間まで恋人が自分を愛している事を知らなかった。
自死の直前に映画を見に来た弟の死を「映画は人を救えない」と解釈してしまう森田支配人、
仕事で自宅を顧みなくなってしまったあさひの父親、
そしてその父親の奮闘が家族を守るためだということを受け入れられないあさひ、主要な登場人物はすべてエゴの塊ですね。
実はみんな映画館を通じて繋がっていたのに打ち解けることができないしこりにしこりまくった登場人物が、
映画館を立て直すという大義のもとに集い心を解きほぐしていく、ハートフルな映画でした。

そんなにうまいこと繋がるかな〜個人的に映画館が取り壊されるラストの方がよかったなあ〜というリアリティ重視のわたしが邪魔をして評価を下げてしまいましたが、良い映画でした。また映画館で観たい!