mat9215

天空の結婚式のmat9215のレビュー・感想・評価

天空の結婚式(2018年製作の映画)
2.5
安心して観ていられるウェルメイド・ドラマ。西暦2020年代における同性婚の社会的な位置づけをとどめるものになるだろう。絶対的な禁忌ではなく、かといって誰もが当たり前のようにやり過ごすものでもない。社会通念に適度に合致せず、人々の感情をざわつかせてドラマの主題になりうるというレベル。

物語の舞台となるチヴィタ・ディ・バニョレージョのように山や岩に張り付く山村は、南フランスやイタリアに多い。タルコフスキー『ノスタルジア』では、家屋内に閉じ込められていた少年が生まれて初めて外界を見たとき、岩に張り付く村の風景が提示された。少年は「これが世界の終わりなの?」とつぶやいた。

イタリア・アルブッツォ州のスカンノという山村に行ったことがある。散歩していたら「マンシーニ通り」という小径に遭遇した。作曲家ヘンリー・マンシーニの父親の出身地だったそうだ。