ドラゴンボール 最強への道の作品情報・感想・評価

ドラゴンボール 最強への道1996年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボール 最強への道」に投稿された感想・評価

さよ

さよの感想・評価

3.7
少年篇の中だと、ダントツに面白い!まさに冒険譚。

悟空とブルマの出会いからRR壊滅までのリメイク作品。

劇場版は基本、DB本編の延長線上にあるものだけど、この作品は単体で独立してるイメージ。
ブルマの描写とかRR軍のメカとか、制作側の趣味めっちゃ出てた。SWep6みたいな森のチェイスシーンがお気に入り。

はっちゃん…少年篇でもダントツに好きなキャラがこんなにも大活躍してくれて嬉しみしかありません。

GTやってた時期だから、主題歌があの曲。カラオケでDB縛り3時間満喫しちゃうぐらいDBの主題歌たち大好き人間なんですが、その中でも『DAN DAN 心惹かれてく』は特別枠で好きです。人を魅せつける何かがあるよねあの曲。
曲の感想になっちゃった(笑)
初期の物語の焼き直しにちょこっとオリジナル 悟空の幼さが可愛い 女の子知らないのにステンレスは知ってる謎
ドラゴンボールが一番アドベンチャーしていたころの序盤のリブート版。
作画から察するにGTのころの作品なのかな、なんでGTの劇場版にしなかったのかはわからないけど
作画ももちろんのこと話の進むテンポもかなり丁寧に描かれていたり、ハチャメチャバトルなどは極力排除されてあくまで冒険活劇として描かれているので今までの劇場版とは一線を画している。
冒険活劇路線のドラゴンボールも読んでみたくなる。
ドラゴンボール劇場版の第17弾!!

超シリーズ前の最後の作品は、1〜2巻あたりの始まりのストーリーを現在の技術で作り直した意欲作。

このころのドラゴンボールは超の劇場作品が泣きたくなるような品質なのに比べてめっっっっちゃ綺麗なので、テッカテカのお顔達が眩しい…!!


それまでに様々なラスボスを見てきたのではっちゃんの話をメインに持ってくるのは弱い気もするが、これはこれで悟空の純真さを楽しめるので良かった。

漫画とも、テレビアニメとも、劇場版1作目とも違う並行世界の(超の世界で並行世界の数も分かったし)ドラゴンボールとして、有りだと思います。
とびん

とびんの感想・評価

3.8
作画良い。
ブルマ可愛い。
エッチいシーンもあって素敵。
上手く再構成してると思う。
もびえ

もびえの感想・評価

3.5
ならではドラゴンボール
実は、ドラゴンボールって名前は知ってるものの、漫画やアニメは見たことなくて始めて作品に触れました。

見たきっかけは、会社の飲み会でドラゴンボール知らないの私だけということが発覚し、漫画を読むように進められたからです。

漫画読むって言われてもすぐに準備できないし、Amazonプライム探したら、あっさりと見つかったので、見放題終了間近のこちらの作品を見ることに。

孫悟空がかわいすぎて一瞬にしてトリコになっちゃいました。
あんなに純粋で強い子がいるのかと。

声がかわいい。
喋り方もかわいい。
一人称が『おら』なところも好き。

一方ブルマという女の子も魅力的。

これはハマりそうな予感。

ドラゴンボールZって孫悟空が大人になってからの話なんかな?

プライムでアニメ見れそうだからこれから少しずつ見ることにする😍
kouzin

kouzinの感想・評価

2.9
2019年112本目
作画がめちゃくちゃ良い。ドラゴンボールGTと同じ年だからか、エンディングテーマがGTと同じField of Viewの曲。あとエロシーンが多くてパンチラも何回かあるし、ブルマのパンツ脱がしたりしてて、今の時代だったら間違いなく炎上してた。おおらかな時代でよかった。
>|