ローラ殺人事件の作品情報・感想・評価

「ローラ殺人事件」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.2
これは面白かった!部屋に女性が入ってくるだけのショットやシークエンスがあそこまでの力を持つとはね。ノワールというより、ヒッチコック的なサスペンスに同年のフリッツ・ラング『飾窓の女』的な幻想感がブレンドされた不思議な作品。
とまる

とまるの感想・評価

2.1
カルト映画みたいな扱いをされている。
冒頭からおじいちゃんの入浴シーンをみせられてげんなりする。
オチもつまらん。
なお

なおの感想・評価

3.0
ローラ役のジーン・ティアニーが美しすぎる。
ブックオフで何気なく手にとって、邦題が好きなので即購入。

昔のサスペンスって感じで、なかなか面白かった!
もう一捻りあったら、もっといい作品になってたかも?笑
面白かったけどあと一捻りほしかった感
プレミンジャー3作目。
面白い!

残343
pier

pierの感想・評価

4.2
肖像画の女性に恋をし時間を遡る『ある日どこかで』のようなイメージを持って観たら、ちゃんとしたサスペンスでした。
ノワールの世界観が好きです。
今ではスタンダードナンバーとなっているローラのテーマが
華麗なストリングスで奏でられる中、
愛する者を自分ものにするための殺人が謀られる。
今でもよくある話。
他の男のものになるくらいなら、いっそ殺してしまおう、ってか。
気持ちはわかるけど、それは愛ではなくエゴイズム。

後に怪奇役者となるヴィンセント・プライスが伊達男役で出演。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2011/11/2鑑賞(鑑賞メーターより転載)
ある女性が殺害された事件を巡り、刑事がその女性に虜になっていた男性達の捜査を進めるうち、いつの間にか彼自身が写真で見るその女性に心奪われていた...という、典型的なファム・ファタールが登場するフィルムノワールの名作。刑事がまだ見ぬ女性に溺れる過程から、ここでは書けない思わず声が出る結末まで飽きさせないし、何といってもジーン・ティアニーの(特に何度も映る肖像画で見る)美貌には、そりゃ溺れても仕方ないと納得(笑)。本来の担当者を押しのけて監督デビューしたというオットー・プレミンジャーのセンスを感じる。
moku

mokuの感想・評価

4.0


<フィルム・ノワールの世界 II>
>|