管理人の竹野康治郎

浅草キッドの管理人の竹野康治郎のレビュー・感想・評価

浅草キッド(2021年製作の映画)
3.8
ビートたけしさんの自叙伝「浅草キッド」の原作を映像化させた作品です。時代の移り変わりと、変わらないものがありました。芸事という厳しさと優しさ、そして人情など人の暖かさが溢れた映画だったと思いました。

芸人という職業はセンスや才能ではなく、きっちりとした技術と努力が積み上がったところにある存在で尊敬すべき芸事だとわかります。その中で教えること、教わること、そして磨くこと、人間として当たり前のようで難しいことを絶え間なく続けてきたからこそ今のたけしさんがいるんだなと思いました。

映画を撮るにしても、芸事するにも、あの徹底ぶりとなにか面白いこと、人が思いもしないような展開にしようという覚悟があったからこそだと思います。ニュースキャスターで、たけしさんが「もっと酷かった」とボソッと言った時、リアリティがありやり続けることの大切さを感じられました。

最後にストーリーはもちろんですが、この映画は柳楽さんを筆頭に演者さんの演技が本当に凄かったです。だからこそ、引き込まれました。ド派手な展開があるわけでもないし、劇団ひとりさんがめちゃくちゃたけしさんの映画にも憧れていることがわかるし、それを体現した俳優陣の皆さんの心意気が凄かったです。

2021年公開作品 46作目