えふい

くれなずめのえふいのレビュー・感想・評価

くれなずめ(2021年製作の映画)
3.9
はっきり言って、細緻な脚本だの斬新な演出だのとは無縁の代物だ。日常と非日常のあわいを整合性も脈絡もなく横断し、あげく時間ですらも弄ぶ人を食ったような脚本は、CGを用いたあの演出が「稚拙」と酷評されがちなのもむべなるかなと納得してしまうほどにはふざけている。
しかし、とあるシーンが再演される時──その“感動”を生じせしめるためのあからさまな舞台設定と演出を考慮してなお私が涙を抑えきれなかったのは、城田優演じる同級生が対比として存在する、彼らの決して明くはないしかし他にかえがたい過去を過去として埋葬できずにいる「くれなずむ」人生が、人という混沌とした存在を見事に戯画化したように感じたからに他ならない。