あかり

くれなずめのあかりのレビュー・感想・評価

くれなずめ(2021年製作の映画)
4.0
涙が出たり引っ込んだり忙しかった。5年間、それぞれがそれぞれに思い出の中の彼を感じながら生きてきていて、それが爆発した瞬間を描いた90分だったのだと思う。実際の人生はいつもこんなに濃い部分が詰め込まれていないし、映画だからできるこういう日常が愛おしい。
不思議な設定だったけど、それもすんなり受け入れられるような構成だったり、回想シーンへの切り替えの仕方がとても好きだった。
過去を美化したっていいじゃない。思い出の中に生きたっていいじゃない。引きずったっていいじゃない。前だけ向いて綺麗に生きていくことなんてそうそうできるもんじゃないんだから、後ろ振り返りつつ頑張って生きていこう。ってなんとなく思った。良い映画だった。