roman

くれなずめのromanのレビュー・感想・評価

くれなずめ(2021年製作の映画)
-
舞台畑の松居大悟らしい脚本と演出。
ラスト30分は好みが分かれるのだろうけど、全体として個人的にはかなり好き。心臓掴まれて引っ張り出された気分。観て良かった。