ヴレア

キャラクターのヴレアのレビュー・感想・評価

キャラクター(2021年製作の映画)
3.8
またまたイオンシネマワンデーパスで。1本目。

いや〜面白かった〜。
“キャラクター“というタイトルが示す通り、
各キャラクターの役割が明確で、物語を進行するにあたって皆全く無駄の無い行動を取っている。
とにかくそのキャラクター像が作り込まれており、グイグイ引き込まれるストーリーだったので、140分もあるとは思えないほど時間の経過が早く感じられた。
菅田将暉演じる漫画家は良い人だから悪人をうまく書くことが出来ないという設定。なのにやりたいジャンルはサスペンスというから困ったものだ(笑)
そんな彼がFukase演じる謎の青年に出会った事で狂気に巻き込まれて行くというストーリー。Fukaseはこれが俳優デビューらしいが初めてとは思えない凄い演技。常に不気味なオーラを放っていて存在感が凄いし役にピッタリハマっていてとにかく引きつけられた。
若干、おいおいその行動は無いだろ!とツッコミたくなる所もあったけど、とにかく飽きさせないし、面白かったので良し。