SLEEP マックス・リヒターからの招待状の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「SLEEP マックス・リヒターからの招待状」に投稿された感想・評価

矢吹

矢吹の感想・評価

3.9
スリープ、1回目。
ばくのすい。眠りの中で、ボヤけた画面と永い永い音楽、宇宙みたいな永遠、そして、映画は終わり外に出る。ロビーには子供たちが沢山いる。彼らは、名前をわからないが、よく見るウサギモチーフっぽいキャラクターの握手会を待っているらしい。俺はそのキャラクターを見たことはなかった。そいつを横目に朦朧の意識の中で左右に分かれた行き先の、間違った選択肢の道を逆に進む。突如、万雷の拍手。画面の中で。起きた。夢だった。思い返せば、あんなに広い映画館では無い。夢だったのだ。そして、映画は終わり、人がまばらに出て行く。エンドロール。夢の余韻と眠気を噛み締めながら、画面を眺める。右3つ分離れた席に座っていた女が前を通り過ぎる。通り過ぎて、左側の俺の真横の席に座る。手を繋ぐ、そして何かをささやこうとする。突如、万雷の拍手。画面の中で。起きた。夢だった。画面では、アジアの貧困問題に話が飛躍している。えらく寝てしまっていたようだ。前を女性が横切る、さっきとは違い、おれの横は空いている。彼女は座ることなく去って、おれも去った。これが夢と現実。携帯を開けば、ちょうど、友達からメッセージが一通届いた。「見たい映画が沢山ある」。突如、万雷の拍手。画面の外で。起きた。そんな感じだったのか。劇場が拍手に包まれるような作品を見逃してしまったわけだ。そんな中、左後ろの座席の人が手の痺れを訴えている。そして、治す方法を四方八方に聞いている。痺れを訴えたおばさんの周囲8マスの席の人たちにより緊急会議が始まる。割とスムーズに、しばらく痺れた手を振ればいいのではないか、という結論に至るも、おばさんは訝しむ。彼女は、これから私の手で舟を水から救うのに。こんなことで大丈夫なのか。とこちらを脅しながら出ていく。すると俺の前の座席の浜田雅功さんがこちらを睨む。気づかなかった。
俺は急いで言葉を選ぶ。
「ご挨拶させていただきます!」かみかみである。情けないやつだと思われたに違いない。
「横にいるのは頭か?」
「いえ全然関係ない人です!」
起きた。普通に起きた。エンドロールっぽい。ので、寝た。起きた。外に出た。結局映画は1秒も見てないようなものだなと思った。
流行りの言葉で言うならば、爆睡ちゃんかました。
というわけだろう。
なんとなく、世の中は、全く、SNSが全てを変えたのだなという感想を本当にちゃんと寝る前に本編を見て思った気がするけれど、
今となっては、どこまでが夢でどこまでが本編なのか、もう、わからない。
ただね、
最高に気持ちよかったです。これはこれだぜ。寝ていい映画。
眠れる映画はいい映画だっていうしね。今回はまたテイストが違う気もするけれどさ。
とにかく、サブスクとかでもいいけど、できれば映画館でまた、やってくれないかな。
絶対にまた見るわ。以上、スリープ。1回目。
内容ゼロの夢日記。
改めましてのご招待、待ってます。
あとんす!
aki84

aki84の感想・評価

4.2
真夜中に始まり明け方に終わる、眠りをテーマにしたコンサート"SLEEP"
観客は眠ってもいいし、何をするも自由。8時間にわたる曲を作り上げてぶっ通しの演奏会をするってもう狂気的なのだけれど、マックス・リヒターとそのパートナーの人柄や言葉が魅力的で引き込まれた(なにより2人の関係がほんとに理想的)

胎内で聴く周波数に合わせた低周波のみの音楽だそうで、映画館で擬似体験できたのもすごく良かった、、これはいつかぜひ行きたいな〜
月末が有効期限の劇場チケットを片手に、何か面白い作品あるかな?と映画館のWebサイトをブラウズしていて目に留まったのがこの作品。テーマは睡眠、しかも上映中に寝てよいという。
映画館で「睡眠」というと、「あの映画観に行ったんだけどさ……」という若干の気まずさ(あるいは開き直り)と共に語られるものだと思っていたので斬新だった。

内容は、8時間に及ぶ音楽作品「Sleep」のコンサートという斬新なプロジェクトを追いつつ、作曲家マックス・リヒターの作曲活動や家族とのつながりを振り返るもの。映画ファンとしては、マックス・リヒターは「メッセージ」をはじめ数々の傑作サウンドトラックの印象が強いが、この映画では、彼が映画音楽の枠を超えた芸術家であり、また生粋の表現者であることを知ることとなった。

映画公式サイトのホームページには「劇場でしか味わえない極上体験」というキャッチコピーが掲げられていたが本当にその通りだと思う。映画館のふかふかのシートに深く腰かけて、自宅では到底叶わない音響設備のもとで、心地よい音楽(計算し尽くされている)に身を委ねながらうとうとする体験が、幸せでないはずがない。ぜひ一人でも多くの人に、この体験を味わってほしい。
psh

pshの感想・評価

5.0
Max Richterの"Sleep"は一時期、実際寝るときに聴いていたし、劇伴等で彼の曲を耳にする機会も多かったけれど、彼自身のことは全く知らなかった。

しかし、この映画の中で語られる彼の音楽に対する姿勢は、共感する部分も多くて、良い刺激になったし、なんだか元気が出た。

パートナーのYulia Mahrさん、なんて魅力的な人なんだ!2人が外を散歩しているシーンが映像的にも美しいのだけれど、「暗くなる前に帰らなきゃね」という一言に対する、Yuliaさんの「暗い道もワクワクするわ」って返答、とても素敵!!!決して楽な道のりではなかった2人の結婚生活や子育ての話を踏まえると、なおさら。

このsleepという作品の性質上、"夜更けから夜明けまで"という単純な時間の流れが軸にあるのだけど、それが単純なドキュメンタリー映画やライブ映画とは違った、映像作品としてのカタルシスも産んでいて、退屈しなかった(寝てしまってもこの作品的にはOKかもしれないけど)。

クラシック界からの批判だとか、電子音楽や機材の話(シンセ組み立てたのかよ!)も、単純に面白かったなー。

個人的には、何度か観返したいほど好きな一本。
映画音楽しかしらなかった…
こんなことしてたんだ。びっくり
とりあえず、デジタル配信のを流しながら寝てみますね。
ottama

ottamaの感想・評価

4.1
まさに今求めている映画だった。

眠りのためのクラシックコンサートを生み出した、マックスリヒターという音楽家のドキュメンタリー。8時間以上ぶっ続けでの演奏って演奏者の負荷はいかばかりか、想像もできない。

音楽は終始穏やかですばらしく、夜の深い眠りを誘う音から、朝方の目覚めを誘う音までを擬似体験できて、まるでサウナのような“整う”感覚を味わった。からだの底から脱力して、とにかく気持ちがいい。

これはいつか体験してみたい……!コロナ禍でも楽しめるフェスとしてますます求められていく気がする。

寝てしまいそうな自信があったので、コーヒーをがぶ飲みして映画に挑んだ。我ながら矛盾を感じる笑。きっといつか参戦できたとしても、もったいない精神が発動してなんとか眠らないように頑張ってしまったりするんだろうな。
8時間以上ぶっ通しで眠りをテーマにした音楽を奏で続ける実験的コンサートを開催したマックス・リヒターを追ったドキュメンタリー。

はい、疲れていたせいか始まってしばらくすると心地よく眠ってしまいました。
音楽は心地よく、実際の会場で体験してみたいなと思ったけれど、ドキュメンタリーとしてはちょっと平板。
知人の方から勧められて観賞。
そもそものマックス・リヒターさんの活動やアルバムを知らない所からの観賞だったので、寧ろ新鮮でワクワクした。
始まって15~20分程でウトウトしてきました。

映画を観ながら眠れる、眠っても良い映画だと思います。

10分位の短時間睡眠を求める人には最高の作品です。
コットは自前で用意するから県立美術館とかでやってくれんかな、苗場でもいいな
ヨーク

ヨークの感想・評価

3.8
いやぁ、観ましたよ『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』まぁ観たというか寝たんですがね。本作のランタイムは99分。時計で計ったわけではないので正確なところは分からないが、体感でおそらく50分くらいは寝たと思う。もしかしたら60分ほど寝たかも。これはもうねぇ、感想文とか書けないですよね。ほぼ観てないからね。普段から映画を観ながら寝ることにいささかのためらいもない俺でもこれはちょっとどうかと思うよ。
どうしようかな、もう書くことないんだけど、とりあえず本作はどんな映画かというとマックス・リヒターという音楽家の『SLEEP』という作品にまつわるドキュメンタリー映画です。タイトルの通り睡眠をテーマにした作品で、俺はマックス・リヒター好きなので通常版の『SLEEP』は既に聴いています。通常版というのはまぁ普通に60分くらいのアルバムなんだけど、この『SLEEP』という作品は一晩中ずっと曲を演奏しながら観客がそれを聴くもよし眠るもよしで朝までぶっ続けで演奏されることを前提にした作品で、60分の通常版とは別に8時間くらいある完全版があるのだ。んで本作『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』という映画はその一晩ぶっ続けで演奏されるコンサートの模様を描いたドキュメンタリーなわけです。元来がそういうテーマの音楽作品だし予告編を見てもらうと分かるが「映画館で体験する眠りと目覚め」みたいな惹句を使っていたのでこれはもうどんどん寝てくださいよ! っていう映画だと思うんですよ。なので俺がランタイムの半分以上は寝てたというのもマックス・リヒターと監督の思う壺というか狙い通りだと思うので俺は悪くないんじゃないですかね。
いやだって寝るでしょあんなの。基本的に作中ではずっとリヒターの『SLEEP』が流れているんだけどこれがまた低周波がメインのゆったりした感じで耳触りの良い音楽なんですよ。何だろうな、レコード屋のちょっと胡散臭いヒーリングミュージックとかの棚に置いてあるような自律神経に効く音楽とかそんな感じだけどそれがもっともっと洗練されている感じのやつだと言えば想像しやすいだろうか。環境音とか小鳥のさえずりとかではなくあくまで楽器の生演奏なのだが無茶苦茶心地よく身体に浸透していくような音楽なのだ。そんな音楽をずっと流しながら映画の大半はコンサート会場の模様とマックス・リヒター本人を含む関係者へのインタビューがメインとなる(多分)ので何かもう眠りから覚めてもスクリーンに釘付けにされるような瞬間とかないわけですよ。たとえばアクション映画の中だるみ的なシーンで寝てしまっても大きな爆発音で目が覚めてそこから怒涛のアクションシーンで釘付けにされることはある。また爆発音はなくともアクションシーンのアホみたいなギターのBGMで起きることはあるし、恋愛映画なら気分を盛り上げるためのアホみたいなストリングスで目を覚ますこともあろう。ホラーならジャンプスケア的な悲鳴とかだろうか。そういうの本作には一切ないですからね。まぁあったのかもしれないけど寝てたから知らんし、ずっと寝てたから多分なかったんだろう。
ちなみに映画を観ながら寝るといっても色んなパターンがあって、仮に120分の作品で30分寝たとしても最初の30分を寝て残りの90分はずっと起きていたとか、90分まで起きていたけど最後の30分はずっと寝てたとか色んな寝方があるわけですよ。まぁ経験上最後の方で寝るということはあまりなくて序盤か中盤で寝てしまうことが多いと思うが、それとは別に断続的に寝るというパターンもあって本作はそれでしたね。10~20分程度の睡眠ならともかく、99分の映画で50分以上断続的に寝たというのならそれはもう5分寝て5分起きて5分寝て5分起きてを10回ほど繰り返したということで実にドリーミーな映画体験だったわけです。もうね、今見ているのが映画なのか夢なのか分からないという感じで、リヒターの心地よい音楽を聴きながらずっとウトウトしていたわけだ。
なんだったかな、確か子供の頃に家族で伊勢志摩に海水浴に行ったこととか脳内に浮かんでいたけど、それが俺の夢なのか劇中でそういうシーンがあったのかも分からないんですよ。たしかリヒターの奥さんとかも出演していたんでリヒター一家が家族でなんかしてるシーンとかはあったと思うけど。
そういうのが何かもう映画体験としては最高でしたね。映画自体はロクに観ていないので面白いともつまらないとも言えないんだけど、いい体験ができたなぁとは思う。本作を観た直後は俺の中で、映画って観なくても面白い説、が爆誕してしまったが観ないとどういう映画なのか分からないから何も言えないんだよね。ままならないものだ。まぁぶっちゃけ本作の主役は映像以上に『SLEEP』という作品の音楽だと思うので居眠りしながらでもその音が耳に入っていればいいのかもしれないですがね。俺が寝まくったことを正当化するわけではないですが。
あと本作で特筆することは、俺にしては珍しくエンディング近くはこの映画終わってほしくないなぁとずっと思っていましたね。まぁそこは多分もっと寝たかっただけだと思うんですけど。
しかし半分以上は寝た映画でよくこれだけ書いたな。頑張ったな俺。まぁ映画そのものの感想はほとんど書かれていないが観ていないんだから仕方ないだろう。そうそう、あと本作で描かれたコンサート風景の中でなんか海辺のコンサートホールみたいなのがあったと思うんだけど、あのロケーションで『SLEEP』を一晩中聴けるのは最高だろうなぁ。波音と一緒に聴いたらどんな気持ちになるんだろうかと羨ましかったですよ。まぁ会場で波音が聞こえるのかどうか知らないけれど。
あと本作のスコアが3.8なのは多分それくらいが俺の平均点かなということです。ちゃんと観てないから高くも低くもできないので。
ではそろそろ寝ます。おやすみなさい。

あなたにおすすめの記事