けい

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園のけいのレビュー・感想・評価

4.3
またしてもクレヨンしんちゃんの名作が生まれてしまった。かすかべ防衛隊が主軸になる作品でここまで泣けたのは初めて。
青春、友情、ミステリーそしてちょっとの家族愛や努力の話。これも大人にならんとよさわからんすぎる映画。

エリートとそうではない生徒という構図は、社会的な価値観に対するド直球なテーマで。根本にある、本当に欲しいものはそれじゃないよねというところに上手く落としている。いつでも真っ直ぐすぎる、かすかべ防衛隊好きすぎる。

細かなテーマはもっとたくさんあって。
様々な思いの中で努力してることを笑っちゃいけないとか、今を生きようっていう考え方とか、子供を見守る姿勢とか、失敗しながら生きていくとか。
ある種の対比で言えば、しんちゃんは天才で風間くんは秀才で。どちらが正しいとかではなくて、それぞれの思いがある中で生きていて素敵。

ああ、ちょっと感情的になりすぎたw

作中の若干のキャラ崩壊はご愛嬌。エンタメ要素も盛りだくさんだし、野原一家の素敵な考え方もエッセンスとして楽しめます。

しんちゃんファンなら観て損はない