ことのは

ハウス・オブ・グッチのことのはのレビュー・感想・評価

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)
3.5
【それは、人を狂わすほどの名声】

ファッションブランドGUCCI。同族経営だった“華麗なるGUCCI一族の崩壊”を描いた実話を基にしたお話。

昨年観た『最後の決闘裁判』といい、リドリー・スコット監督作は面白い。
初期の『エイリアン』『ブレードランナー』といい本当に面白い映画を作られる。

ハイブランドにそこまで興味がなかったから、GUCCIブランドに近年こんなドラマがあったなんて知らなかった。

アダム・ドライバーは良い役者さんだなぁ。『マリッジ・ストーリー』を観直したくなった。
レディ・ガガも、歌にパフォーマンスに演技にと一時期のマドンナみたいだし、演技も上手い。
だいぶお年を召されたアル・パチーノにジェレミー・アイアンズ、老人メイクが面白いジャレッド・レトーと、豪華な役者陣がGUCCI一族の崩壊を、まるで実録を観ているような演技と演出で描かれた観応えある作品だった。

Heart of Glass
https://open.spotify.com/track/41AE8ODX2JETBCa6muhSLY?si=kI9erX4gRsyECU9BbCG7fA&context=spotify%3Aplaylist%3A4WBy7UuCItjlwnRUO4kAeq