moviemen

ハウス・オブ・グッチのmoviemenのネタバレレビュー・内容・結末

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

レディーガガがナイス演技でした。グッチ家に向ける眼差しの変化が最高に上手くて、最初のバーのシーンで恋に落ちるシーンが絶妙。常に成功を狙っている目でもありそれが体得的なものとして備わっているような、本能のようなものの眼差しとして終始一貫している。イタリアの訛りもいいし、本当にハマり役。見事な演技でした。

Wikiにはパトリツィアはマウリツィオに「罰を与える」として、マフィアを雇い暗殺を依頼した(事件発覚後押収されたパトリツィアの日記には「金で買えない犯罪は無い」と書かれていたという)。とあり文字通りその執念は凄まじいです。

その変化も見事で、後半の狂ったガガの演技は見事。品があって笑顔なのに内実物凄く狂っているというあの演技ですよ....絶妙でした。

ノンフィクションとしても興味深いしストーリーもテンポが良くみやすいです。