ハウス・オブ・グッチの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ハウス・オブ・グッチ」に投稿された感想・評価

Kaoru

Kaoruの感想・評価

3.4
実話に基づいた系好きなので、2時間半大丈夫かな?と不安だったが楽しめた。
ガガ様のおばちゃん役がハマり役過ぎてリアリティあったなー!
リドリー・スコットから徹底して『何やってんだコイツら』的冷たい視点を感じる。人の俗悪さを神の視点で描く冷たさが全開。
『最後の決闘裁判』に続き階級も性別も関係なく人間は皆愚かだ...
black

blackの感想・評価

-
アル・パチーノとジャレッド・レトの親子が最高でした。
マウリツィオがそそのかされて、グッチ一族と対立する過程が面白かった。
全てから開放されて何か安堵したような表情で、気ままに自転車をこぐマウリツィオが印象的でした。
YACCO

YACCOの感想・評価

4.0
冒頭アダム・ドライバーが優雅にカフェで(おそらく)カプチーノを飲み、柔らかにほほ笑む。
彼こそがマウリツィオ・グッチ。その様に、育ちの良さと品の良さを感じさせるのはさすが。
冒頭のこのシーンがラストに繋がっていくとはこの時は思わず。この映画を見終わった時、マウリツィオの微笑みの下にあったのはどんな気持ちだったのかと考えてしまった。
そして、今作の主役ともいっていいレディ・ガガ演じるパトリツィア。マウリツィオと結婚し、グッチ家の家庭内紛争を利用しのし上がっていく様を貫禄たっぷりにみせてくれたと思う。パトリツィア役は決定するまで二転三転したようだけれど、レディ・ガガのパトリツィアは素晴らしかった。グッチ家の面々も、アル・パチーノ、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズと豪華なキャストを揃えている。
いわゆる、グッチ家のお家騒動を描いた映画であるし、知っている人は結末も知っているのだが、157分という長尺を飽きることなく鑑賞することができた。
昨今、Netflixドラマのヴェルサーチもそうだけれど、ここまで赤裸々に(もしかしたらもっと闇は深いのかもしれないけれど)映像化されることに驚くばかりだ。
それでも、魅力を放つ「GUCCI」や「VERSACE」というブランドが持つパワーはどこからくるのだろうか。
アダム・ドライバー✖️GUCCI✨茶髪が似合って✨眼鏡もスーツも靴も素敵に似合って✨勿論グッチ?wとびきりのスマイルと合わせ今迄見た中で最高かっこいい、こんなかっこよかったんだアダム・ドライバーって✨という印象が強く残った作品♪あんな時代あったよね〜縁はなかったけど‥胡散臭いやからに御用心🃏
leno

lenoの感想・評価

3.3
予告で流れるBlondieのHeart of Grassと映像の相性が良いのに釣られて観に行ってしまいました!
予備知識なくても映画で学べるかななんて気持ちで観に行ってしまったけど時系列くらいは勉強しててもよかったなと思いました。
映画で流れる音楽の80'sポップな感じが好みでした!
あと、私はパトリツィア悪くないと思うよ。性格は悪いけど、欲に溺れ過ぎなかったらきっと普通の女の子だったと思う。
【大嫌いなあん畜生】

GUCCIというと、昨年退職した大大大大大大っっっっ嫌いだった上司が好んで使っていた記憶。
「坊主憎けりゃなんとか」って言うけど、ホント「お前のせいでGUCCIの名が汚れるから世界中のGUCCIファンに土下座して謝れ!」って心の中で何度叫んだことか。
仕事も出来ないくせに威張り散らすし服装とか鞄とか車とかばかり着飾って中身なんてコロナウイルスの質量よりもちっさいくせに!

あ~~ほんとに大嫌い。

人生でこんなに人を嫌ったのは後にも先にもないって言うくらいに嫌い。
当然みんなからも相当嫌われていたから、退職当日に事務所の女子たちが花束を渡す役をアミダくじでイヤイヤ決めてるのを見てしまった時、途端に背中がザワっときて(こんな風にならないように気をつけよう!)と、久しぶりに破壊力満点な「反面教師」を心に焼き付けたのでした。

・・・っていう話をしようと思った途端、大切なことを思い出す。

そういえば・・・・
うちの奥さんと結婚するとき、婚約指輪を贈ったお返しがしたいと妻。
ん~~~って言っても指輪とかはあまりしないから、結婚指輪以外はきっとしないし・・・って言ってたらネックレスをプレゼントしてくれた。
二人が大好きなMr.Childrenの桜井さんが着けている「十字架が二つに割れるタイプ」のやつ。
え~~~おしゃれ~~~!ありがとう!!ってずっと着けているけど、よくよく考えたら、これGUCCIやった・・・・っていうオチ。
いかん、全然映画の感想に辿り着かなかった(笑)

ここから先は一族の名に懸けて・・・ネタばれします。
Kanako

Kanakoの感想・評価

-
ガガ's fashionがとても素敵
ジャレッド・レト本当にすごいな

GUCCIにこんな歴史があるなんて知らなかったし興味深い内容だった。
音楽も映画にすごく馴染んでて良かった!
yuu

yuuの感想・評価

4.1
こりゃ良い。GUCCIの歴史を知れたし、物語が難しくなくてスッと入ってきて凄く観やすかったです!

簡単な内容は、1995年3月27日、GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオが、ミラノの街で銃弾に倒れた。犯人の特定が難航する中、犯行を指示した驚きの黒幕が明かされる。。。というような内容でした。

今回はあのブランドのGUCCIの創業一族についての話ということで、GUCCIはいっぱい持ってるわけじゃないけど好きなので気になっていました!それに役者さんが豪華!というのもあり楽しみでした!

実際のGUCCIの創業一族のお話でしたが、なんて複雑な関係性なのってくらい家族間親族間での関係性が少しギクシャクしていましたね。普通の親族間なら考えないことをやってしまう強者感がすごかったです笑。

ガガ様の演技を実は初めて観たような気がしたのですが、凄く演技上手かったです!ガガ様が演じるパトリチィアがマウリツィオに対しての愛情から憎しみに変わっていく変化とかは凄く上手く操っていました!特に最後のあの顔がちょっと悪い顔してましたね〜。
ジャレッドレトは今作で特殊メイクをして話題になっていましたが、実際の現場でもスタッフさんに一般人と間違われたらしいです笑笑。そのぐらい別人だし、少し違和感ある体つきと動き方でした笑。

160分ぐらいの今作でしたが、個人的には全くその長さを感じないぐらいドキドキしながら観てたし、テンポがとても良くて凄く面白かったです!凄く濃密だったし、目に映るもの全部が上品かつ上質な作りでとても良かったです!それに劇中の音楽が凄く良かったです!

お金は人に何を起こさせるか分からない怖いものですね。。。そしてそこに伴って愛情も動いてしまう。。

GUCCIってこうやって今の姿になったんだっていうのが分かったし、GUCCIでさえも今のここに来るまでに色んな出来事があったんだと歴史が少しわかった気がしました!
みち

みちの感想・評価

3.0
グッチのお家騒動は知らなかったので面白そうだと見に行った。
ガガさまはじめ、俳優さんみんな演技がとても上手だった。
ファッションもかわいい!
でもちょっと中だるみかなぁ。途中で集中力が途切れて別のこと考えてしまった。
張り切ってグッチのカバンで行ったら、隣のお姉さんもグッチのストールで、みんな考えることは同じだなーと思った。

あなたにおすすめの記事