ぴんゆか

TUBE チューブ 死の脱出のぴんゆかのレビュー・感想・評価

TUBE チューブ 死の脱出(2020年製作の映画)
3.5
終始自分ならどう脱出するだろう、ここは無理そうだとか考えながら見られて楽しかった。
まあ冷静に考えるとほとんどが無理ゲー。
ほぼずっと1人の人物が狭い空間を這っているだけなのに観客を飽きさせない技術は見事。

仕掛けに富んでおり、敵かのように出てくるクリーチャー的存在もよく見たら最初に主人公が直接対峙して焼身させて死んだと思っていた人物だったりと凝っているし、(片腕が無く、避難場所を知っていたりと人間的知識がある為。全身火傷状態で猛スピードで動けるのは謎だが。)
倫理観を天秤にかけてでも生きたいのかが試されている。

どういう背景か多くは語られないが、死後の世界における、"禊"をクリアするまでこなして所謂天国に行くまでの過程なのか、それとも地球外生物のようなものに目をつけられて無慈悲なミッションをクリアするまで続けさせられるものなのか。
どのみちクリアした先には肉体をも必要としない第三次の世界がある模様。

ミッションの合間合間にエイリアン的な顔が降りてきて傷口をオペしてくれるの笑う。