けい

竜とそばかすの姫のけいのレビュー・感想・評価

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)
3.4
ケーキとラーメンが好きなのでケーキラーメンにしたような。
ものすごく賛否あって然るべき作品。
※個人の感想です

いいところを言うと、映像と音楽、瞬間瞬間の演出は素晴らしい。おそらく誰でも、このワンシーンは好きと言える瞬間がある。
美女と野獣オマージュも盛りだくさんで、これ怒られないんかと心配になる。

問題は脚本だと思う。ネット空間、コンプレックスの克服、青春、家族、愛情など細田守監督が過去に作った素晴らしい作品群のいいところをごちゃまぜにして全て同レベルで訴えた結果、なにがいいたいか意味がわからなくなった。

時をかける少女やサマーウォーズを彷彿とさせるシーンも多いのに、ストーリーの軸が掴みづらいせいで、すべて必然性がなく思えてしまう。ネットリテラシーの問題も丁寧に描けてなく、女子高生がネットで色んな問題に首を突っ込むリスクなど抜けている。現実にある問題だから、敏感な人には怒られると思う。これだけ宣伝する作品なら、道徳的配慮を周りがもう少しすべきかと。

あくまで個人的にですが、良い要素がこれだけありながら作品としてイマイチになってしまう近年まれにみるもったいない作品。大作にしようと色んな足し算で作っちゃってない・・・?

こういう作品のあとに自分が作るべきものが見つかると、名作できたりする監督もいらっしゃって。個人的には要素をグッと減らした細田守監督の青春映画を観たいなって思いました。