Q10太

truth 〜姦しき弔いの果て〜のQ10太のネタバレレビュー・内容・結末

truth 〜姦しき弔いの果て〜(2021年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

コロナ禍に仕事がなくなった女優さんが発案した堤幸彦監督のインディーズ作品って事が胸熱で見ました。

ワンシュエーションなのですが、勢いある展開と全力の演技で面白かった!

ノーブルな魅力の河野知美さんのモノマネといきなり体張るとこ最高。

佐藤二郎さんの声と写真出演なのも爆笑と変な説得力。

女の性の色んなバージョンが見れたし(映画的な面白さにしてくれてる)ラストの注射器のシーンは美しくて好き!女優さんが並んだあのカット

自分だったら〜と考えたら、すごく感情移入してノリノリで注射器打とうとしてその瞬間に「やっぱ無理!」って叩き割って帰りそうだなーなんて考えるのも楽しかった。