akrutm

シティーコップ 余命30日?!のヒーローのakrutmのレビュー・感想・評価

3.6
ヒャッハー!3部作や『シティーハンター』の三人組(フィリップ・ラショー、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ)によるコメディ映画の最新作。ヒャッハー!シリーズなどはフィリップ・ラショーが監督・脚本・主演であるが、本作ではタレク・ブダリが監督(監督としては2作目)・脚本・主演である。

タレク・ブダリが演じるのは、ドジで同僚からも馬鹿にされている警官。同僚の女性警官(演じているのは、大きな眼が印象的なヴァネッサ・ギード)を密かに想いながらも告白できないまま、ある事件を一緒に担当することになる。と言っても、ヒャッハーシリーズと同様の完全なコメディなので、バカバカしさを楽しむ映画である。ヒャッハーシリーズが好きな人は同様に楽しむことができるだろう。フィリップ・ラショーの豊胸ネタはくだらなさすぎて笑える。ウーゴ・ロリス本人が出てきたのは、ちょっとした驚き。