シティーコップ 余命30日?!のヒーローの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「シティーコップ 余命30日?!のヒーロー」に投稿された感想・評価

シティーコップ

フランス映画
アクションコメディ

笑った
アホすぎるw
ノリが軽いw
ダメダメ刑事が余命宣告30日って言われて頑張る話w
余命宣告自体が全然違うんだけどw
アホアホのキャラしか出てこんw

主人公がガタイがいいのにダメダメだし
ヒロインはできるっぽいけどノリがアホだし
助っ人刑事2人組ができるっぽいのに全然アホw
そしてまさかのオッパイw
軽い『タクシー』って感じでしょうかw

配給がアルバトロスの時点で察してくださいw
YouKey

YouKeyの感想・評価

3.6
 かつてのヌーヴェル・ヴァーグも意識高い系もなんのその、いまやおフランス映画は営業先回り中に観られる90分で起承転結!笑い満載!の映画作りの基本を守る時代。フランス人だって真面目くさってばかりじゃない。「シティーハンター 史上最香のミッション」で大笑いさせてくれたフィリップ・ラショーとその愉快な仲間達が出ているのなら少なくとも笑えるはずだと観に行った。

 期待通りだったね(笑)こういうアクション映画を観てきたんだろうと想像させる部分が随所にありながらも、今のいちいちやかましいハリウッドでは無理そうなジョークや描写もきちんと、おそらく自然に、バランスをとって組みこんでいる。

 だってさ、私ら観光客が勝手に『お洒落』『センスが良い』というイメージを抱くだけで、フランスに住んでいる人たちみんながみんなバカロレアで高スコア出すわけじゃないし、『意識高い』わけでもないじゃない。生活の中で笑いを求めるのは当たり前なんだから、こういう映画が求められてくるのも当然。

 そんなのDVDスルーでいいでしょというようなB級C級ホラーばかり上映する印象があった「未体験ゾーンの映画たち」だったけど、昨年オルガ・キュリレンコ主演「ザ・クーリエ」を上映すると教わって観に行って以来チェックしてよかった〜。

 あのおばあちゃんちのソファー、すっっっごく見覚えのあるソファーなんだけど、使い回し?
ゆりこ

ゆりこの感想・評価

3.8
フィリップ・ラショーと仲間達の作品を遂に劇場で鑑賞。余命30日を宣告された警官が、人生をかけて(?)麻薬組織に立ち向かう話。今回はタレク・ブダリが監督脚本主演。相変わらずこの人達の作品はゲラゲラ笑うのにちょうど良い!そして伏線回収がキレイ!見覚えある人もチラホラ笑。ただどうしてもラショーが主人公に見えてしまった…出てくる度に面白かった笑。シティハンターよりパンチは弱いものの、しっかり楽しい90分だった!次回作も期待!
90分おふざけを詰め込んだような作品。ブラックなジョークもあるので好き嫌いは分かれそうだけど個人的にはかなり面白かった。スイッチの消し忘れに注意
最初は、あまりにもおバカすぎやしないかと思いながら見てたけど、それぞれのキャラが掴めてきてからは、楽しく笑えた。
週末にアタマをかる~くするのにピッタリな作品。

初めてのフランスのドタバタコメディだったけど、主要3人はお馴染みな面子のようなので、他の作品も見てみたくなった。

ヴァネッサ・ギードさんが顔もスタイルも美しくて、動きもキレッキレで格好良かった!
しおん

しおんの感想・評価

3.2
ただただこの3人が観れただけで、もう、嬉しい!!!
話はB級感溢れてたけどww
ヒャッハーシリーズ、フランス版シティハンターなどのコメディ傑作を送り出してきた三人衆が帰ってきたとのことでこちらを鑑賞😁

余命三十日を宣告されたダメ警官が生まれ変わる話

もうね、この3人を劇場で観れただけである程度の点数は保証されてる訳ですよ
しょーじき中身はほんとになかったし、妙に話もどっちらけ感は否めませんでした。
いやそのおばあのサイドストーリーいらんから3人見せんかい!ってのはありました。
でもあの3人が映ると顔が綻んでしまうんですねぇこれ恋ですかねえ?

最初ギャグがちょっと滑り気味で大丈夫かな?と心配してたんですけど、なぜか途中からボルテージが上がり天才的に面白いギャグが連発🤣
シャーロックホームズの下りは分かってても笑えたし、着地マットのところは今年の劇場一笑ったかもしれない😂

ただやはり監督する人によって違いは出るのか、全体的なギャグや選曲は妙な荒さを感じました。
フィリップラショーが輝きすぎてるのかな?

定期的にこの3人には会いたいのでこれからもコンスタントに新作作り続けて欲しいです。
イギリスのベッグフロストといい、仲良しコメディアンは観ててほっこりするわ〜🥰

本日の名シーン
"乳"
yontanu

yontanuの感想・評価

3.6
未体験ゾーン2021

フィリップラショーってやっぱり面白いなぁ
脇役であんだけ無茶するのがちょうどいい気がする!
今回はタレクブダリが監督もしてるから主役なのかな?笑
個人的には顔も好みで好きなんやけど、タレクパートの笑いが少し少なかったかな!
もう少しテンポ良く笑いが欲しかったけど、
そこはまあフィリップラショーで帳尻合わせってことでいっか!て感じ

ありがちな、どうせ死ぬんだから思い切りやっちゃえ!映画やけど、意外と敵役もちゃんと悪くてそこ好きやった、
下品すぎずな笑いと、ほんのちょっとハートフルな話で、よかよか!てなる
たくみ

たくみの感想・評価

2.0
毎年恒例の「未体験ゾーンの映画たち2021」コロナのせいで休日に都内へ行くのがちょっと気が引けて…ってのが続いて、さらに追い打ちをかける様に緊急事態宣言となり、もう3月になっちゃったけど、なんとか今年も渋谷へやって来ました。一応知らない方の為に言っておきますと、これは日本未公開の作品を集めた上映会。基本的につまんない作品が多いんですが、たまにアタリもあるのです。基本的につまんないのがデフォルトなので、本当につまんなくても「あーやっぱり未体験ゾーンはこうでなくちゃ!」って寛大な気持ちになれるのもいいんだよねw

結論から言ってこれは自分的にはハズレでした。ノリは完全にドリフのコントですが、あれはドリフのコントだからこそ面白いんであって、映画館のスクリーンであのノリを見せられてもなぁ~(  ̄_ ̄)って感じでしたw

というわけで、これぞ未体験ゾーンって体験が出来たので良しとします。あーつまんなかったw
鴨橋立

鴨橋立の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

フランス版シティハンターチームの最新作。

監督と主演はシティーハンターでただただヤバい男パンチョ役をつとめたタレク・ブダリ、同じくシティーハンターで監督と主演を務めたフィリップ・ラショーもハングオーバーへの熱いリスペクトなのか胸が膨らむエリート刑事トニー役として出演。

フレンチコメディゆえなのかこの監督チームの作家性なのかほんとに笑わせ方に品が無くて、「余命」というタイトルから連想するようなお飾り感のあるエモさすら皆無で徹底的に下品なコメディ。

それにしてもメキシコ大使館が麻薬倉庫でしたってそれは品というかなんかモラル的にちょっとダメなんじゃ…

品の無さで言えばラストでトニーが「胸の除去手術の成功はしたが今度はコッチが…」というセリフでブリンブリンになったお尻の画って、あまりにもボケに脈絡が無さ過ぎてビックリした、自由過ぎる。

似ている作品