太郎丸

クライモリの太郎丸のネタバレレビュー・内容・結末

クライモリ(2021年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

良くも悪くもリメイク元と違う!
というのがミスリードにもなる作品
期待してた要素は薄いが嫌いじゃない


「食人キチガイたち」から「基本暴力的だが、一定のルールをもった国家(村)」になった点。
リメイク元と「山に住むみすぼらしい人々」、というイメージで、食人する話の通じないキチガイという先入観をもってしまう。登場人物も観客もそうで、そこを突いたのは○。

気になるっちゃ気になる点も少し。

地元の街との交流?も一定あったのか…(終盤の車調達など?)地元からはアンタッチャブル扱いだったが。外貨調達はしてたのか。

ルールを守り、こちらからは手を出していない(侵入者にはデストラップ)としながらも、道や街で向こうから接近してきたのは何故か。

申し訳程度の食人もありますが、前後の展開的に謎?でいらなかったなぁ…

などモヤッとするところはあるが、最終的には暴力VS暴力になるのでまぁ良し!と。

主人公についても口だけの意識高い系、に見えますが、作中人物のセリフ通り、「強く見せようとしている弱い者…と思っていたが間違いだった」。まさに。
後半アクション、反撃のターンはなかなかよい。ラストもそれそれ!!そういうの!!という展開をやってくれたので大満足。

キチガイ・食人、を期待すると完全に肩透かしになります。非キチガイにしてもちょこちょこ気になるところもあります。ただ最終的に殺人!暴力!が繰り広げられるので満足です。ラストの妄想〜エンドロールまでは満点な展開でそこはほんと手放しで◎