テツ

アウシュヴィッツ・レポートのテツのネタバレレビュー・内容・結末

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ユダヤ人の迫害を描いた映画は、非常に多いが、この映画はアウシュヴィッツ脱走者が、収容所の非道な迫害を世界に知らしめたストーリー‼️

過酷な収容所の実態を描くシーンは少なく、脱走の瞬間もスリルが無いのが残念。

空腹で疲労困憊し、ドイツ兵に見つからずに救出されたシーンには感動したが、ストーリーが淡々と流れて終わりを迎えた。

カメラワークに落ち着きがなく、目が非常に疲れた‼️