アウシュヴィッツ・レポートに投稿された感想・評価 - 5ページ目

『アウシュヴィッツ・レポート』に投稿された感想・評価

命をかけてもたらされた事実を数年黙殺した当時の連合国、カタチを変え、すでに死に体の日本への原爆投下も然り。産業革命以降、世界は常に白人の大国の意向で物事が決められる。出来うるなら黙殺された過程にもっ…

>>続きを読む
みんと

みんとの感想・評価

4.0

のっけから目を疑うような衝撃映像。

スコアが1.0にも5.0にもなるこのタイプの作品。エイヤッと思い切らないと観れない類でもあるので、随分と遠のいてた。
『ヒトラーに盗られたうさぎ』の流れで今しか…

>>続きを読む

スロバキア目線のホロコースト映画で、アウシュビッツ第二収容所で行われていた真実を外に持ち出す話。メインの2人だけでなく様々な人に焦点を当てていてよかった。
エンドロールはナチ思想は悪ということを…

>>続きを読む
えりり

えりりの感想・評価

3.0
1番ぞっとしたのは、エンドロールだったかも。

『過去を忘れるものは、過ちを繰り返す』

冒頭のことばの重さを実感した。

ホロコーストやナチスの収容所を題材にした作品は今までいくつか観てきたけれど、結論から言うとこれはあまり好きな作品ではなかった。

主人公達はどういう経緯で脱出を試みたのかなぜあの2人だったのか、など…

>>続きを読む
犬

犬の感想・評価

3.3

左右

第2次世界大戦中の1944年、ユダヤ人が収監されたアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所で、殺害される人々の遺体記録係をしているスロバキア人のアルフレートは、ナチスドイツによる残虐な行為の証拠…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

アウシュヴィッツ収容所の過酷な実態を外部に伝えるため命がけの脱走をした2人の実話。

2人を守る9号棟の囚人達が寒いし辛すぎ🥲

大事な事は これを知った今 何をするかだと歴史を忘れるものはまた同じ…

>>続きを読む

実話。タイトルからして覚悟して観なくてはと思う。ホロコーストの映画は多かれ少なかれ目を覆いたくなるようなシーンはあるし、アウシュヴィッツ収容所を描いてるとなればそのシーンは特に恐ろしいだろう。4か国…

>>続きを読む
まなむ

まなむの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

脱走を企ててから何日も経ってんのに、やたらと髭の伸びが遅かったり…

かくまって食事を与えてくれるのはいいんだけど、その家には誰が運んだの? 
大の男2人をまさか老夫婦が? 
とか…

テーマも内容…

>>続きを読む

タイトルと 囚人の頭スイカ割りの予告編でお腹一杯、休みの日は カタイ映画や ツラいのは やだ(笑)
と すぐ視聴やめる気が・・・・
●散々観て来たホロコースト映画
───今までと…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事