りょう

ホロコーストの罪人のりょうのレビュー・感想・評価

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)
3.0
ノルウェーで起きたホロコーストの話

ドイツに侵略されドイツの命令によりユダヤ人を収容所に送ったのかと思いきや自分達で行動を起こしたという
どっちもどっち
それもせいせいしてる人もいるし
収容された一家族を軸に話は進むが
不思議なのが奥さんがユダヤ人じゃないだけで助かる事もある
国、人種、肌の色、男女、隣人
差別は何でも有りなんだろう

『ヒトラーに屈しなかった国王』では素晴らしい国王だったが、結局は亡命してロンドンへ
そして国民はこんな目にあう
幸せな家族を描く事により、その後の収容所での生活が辛過ぎる

目立った役者は居なかったが、いい作品でした