えりり

ホロコーストの罪人のえりりのレビュー・感想・評価

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)
3.8
家族の絆と愛
残忍さと冷たさ
そして恐怖

それらを、静かに、しみじみと感じさせられた。

まばゆいほどのしあわせに輝いていたふたりの結末も、静かに、しみじみと哀しかった。