のんchan

ホロコーストの罪人ののんchanのレビュー・感想・評価

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)
4.3
劇場で観たかったけど上映期間が短くて見送ってしまった作品。
今回はPrime Video(スターチャンネル7日間無料体験)で鑑賞。
思っていた以上に丁寧で解り易い作り、見応えたっぷりだったので大満足🥺

第二次世界大戦時、ノルウェー🇳🇴の秘密警察がホロコーストに加担していた事実を基に、時代に翻弄されたある一家の実話‼️

ホロコースト作品は興味を持って数多く観ているが、今作にはドイツ人も出るが、あくまでもノルウェー人がノルウェー系ユダヤ人を迫害していく。その酷さを克明に伝えている秀作だった🌟


リトアニア出身のユダヤ人ブラウデ一家。両親、息子3人娘1人の仲の良い家族。ボクサー🥊で将来有望な次男チャールズが結婚し幸せムード満々の時、ナチスドイツから侵攻される。ノルウェー政府はユダヤ人弾圧へと政策を変換し始めたのだ。

ユダヤ人男性はベルグ収容所へ。ブラウデ家の父親と息子3人も収容所で強制労働を強いられることになる。その過酷さは凄まじく...

娘はスウェーデンへ逃げさせ、母親とチャールズの妻は帰りを待っていたが、とうとうノルウェーに住むユダヤ人全員がオスロ港へと強制移送されてしまう。理由は何も教えてもらえず、港にはアウシュヴィッツへと向かう大きな船“ドナウ号”が待ち受けていた...
 

1人も知った顔の役者はいなかったが、キャスト全員演技が素晴らしく惹き込まれた。特に両親の演技に感服した🥺


※監督のエイリーク・スヴェンソンは当時まだ30代。
ノルウェーでの公開時、自国の罪を描いたということで賛否を巻き起こしたらしいが、堂々と発表したことに拍手を送りたい👏