マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴に投稿された感想・評価 - 2ページ目

「マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴」に投稿された感想・評価

nikusukii

nikusukiiの感想・評価

3.0
背景とか情景が、ドラクエチックだったりして、好きな、、イチオシは、赤パンチラリズムやね、
外国のバレエは初めてだったけど素敵だった〜〜🥰
セリフなくてもわかるってすごいな!生で観たいな〜〜😍✨
赤い靴を選んだものの、その靴が脱げないと分かった時の絶望的なシーンがとても良かった。

自分の意思とは別に、とにかく踊りまくる脚の凄み。
タノ

タノの感想・評価

3.2
凄く良いバレエだった。
音楽に合わせてダンサーの楽しそうな演技が良かった。
tomirdfx

tomirdfxの感想・評価

5.0
予習無しで見て、あっこれ私の好きな時代設定だ…!作曲家がストラヴィンスキーっぽい…!えっプロデューサーとダンサーの関係、ディアギレフとニジンスキーなのか?なんて思いながら見てたら、やはりバレエリュスとディアギレフがモデルのようだった。原作の映画もチェックした上でもう一度見なければ。
可動式舞台内カーテン(両開きの幕)を使って、劇中舞台を入れ子構造で表現してる。もともとバレリーナの物語だから、『白鳥の湖』『カルメン』『シンデレラ』ほど大胆な翻案ではなく、かなりシンプルな印象。赤い靴の象徴性や禍々しい残酷さも期待よりは物足りなかった。列車の大きさは舞台で映えるけど、何せ1950年映画のクライマックスがインパクト大きいから…。レルモントフだけは映画よりも複雑なキャラクターになってて、むしろ彼の方が板挟みで苦悩してたようだった。
良かったのはやはりアンサンブルの群舞、アダム・クーパーの色っぽさ、エジプト壁画コスプレのコンビ、赤い靴をめぐるダンサーと作曲家の攻防を演じた振り付け。とりわけカーテンコール好きとしては、劇中とリアルの2度楽しめて嬉しい。
pico

picoの感想・評価

4.0
バレエだけどストーリーが伝わってきて、見入ってしまった。セットも素敵だった。
おかぶ

おかぶの感想・評価

3.4
バレエだから当然一言も喋らないけどストーリーがわかるのすごいな。男性の水着がシュールなデザインだったけどあの穴は必要なのか気になった。
asumi

asumiの感想・評価

5.0
優雅なバレエの美しさ
ダンスだけで表現される奥深さ

ユーモアに溢れドラマチックな演劇的演出
マシュー・ボーンの演出力と芸術性に感嘆!感動!

新しいバレエを見た!!
最高の映画体験でした!!

そして20年振りにマシュー・ボーン作品に出演した
アダム・クーパーは、年齢の衰えを感じることなく、
むしろキレッキレ🕺🏼
大人の渋さと色気が増した素晴らしいダンスで
魅了されました🤎

昨年、来日公演が決まっていたけど、コロナで中止。
コロナが落ち着いたら、是非
来日公演を実現して欲しいし
その時は生のステージで観たいなー🩰
彩紗

彩紗の感想・評価

3.5
原作映画も見てから鑑賞。
身につまされるところのあるお話。
シンプルに身体表現ってここまで雄弁なのかと思わされる。
エンタメとしてものすごい…

やっぱり生の舞台で見たい…見たい…となるので映画としたは少しだけ星を下げてしまうけれどとても良かった。

あなたにおすすめの記事

似ている作品