みさき

地獄の花園のみさきのレビュー・感想・評価

地獄の花園(2021年製作の映画)
4.0
脚本がバカリズムということで期待していたが、非常におもしろかった。OLたちの迫力あるバトルシーンに物語もとても良い。
OL同士が力で派閥争いをするという非現実的なストーリーだが、一度この世界に入ってしまうと様々な違和感などどうでもよく夢中になってしまう。

とにかくテンポが良い。そして想像がつかない思わぬ展開がたくさんあり全く飽きることがない。そしてとにかく爽快!!

それに加え、バカリズム特有の笑いの要素がたまらなく好き。壮絶な争いをしながらも実はとても優しかったり、裏ではOLならではの悩みを抱えていたり。「OL架空日記」といい、なぜバカリズムはここまでOLを上手に描くのだろうか。

そしてキャスト陣の配役も絶妙。広瀬アリスや小池栄子のカリスマ感は素晴らしいし綺麗。川栄李奈と森三中大島さんもニックネームにあったキャラクターに仕上がっていた。そして遠藤憲一とその3人の幹部にとても笑わされました。

ただのOL同士の争いに終わらず、とにかく予想外の展開の連続で、永野芽郁のナレーションもあって共感しながら見ることが出来る。そこまでグロイシーンもないのでどなたにもオススメです。