しょうた

MAD探偵 7人の容疑者のしょうたのレビュー・感想・評価

MAD探偵 7人の容疑者(2007年製作の映画)
3.3
なかなかぶっ飛んだ作品。

自ら同じ殺人現場に状況に置くことで犯人を突きとめる刑事バンが奇妙な行動をとりすぎてしまい刑事を辞めてしまう。
数年後ある事件で協力を求めるが‥その奇妙な行動をとる原因はある特殊能力のせいだった。

特集能力の見せ方が斬新。最初は分からなかったけど観ていて、なるほどと納得。
サブタイトルの七人の容疑者の意味も生きてくる。
マニア感溢れる狂気とサスペンスと雑ながらバランス良く展開して楽しかった。
時間は80分という短さのせいかサスペンス的には物足りなさを感じる。そこは惜しい。
ラストの終わり方は韓国映画みたいに後味は悪いけどこれでいいかなと納得してる。

オープニングでいきなり主役の刑事が耳を切るシーンがあるけど‥意味があったのかそこは理解出来なかった。

主役の刑事バンの顔が桐谷健太に似てるの気にしつつも難しい役を見事に演じきってる。