さーもん

ボストン市庁舎のさーもんのレビュー・感想・評価

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)
3.0
ボストン市庁舎の広報担当に配属されたような視点の4時間。長丁場ですが、各トピックス?の尺長がよく、議題に入り込みつつ退屈しない程度なところがさすがです。

国政に向けるほどの関心を市政に向けてはこなかったことに何度も気付かされます。社会制度や福祉保健の違い、銃社会かつ多民族多様性で成り立つ街だからこそ抱える問題が中心ではありますが、国の軸が狂った時、自分の生活を守るのは市であり街なんですよね。
自分の住む地区の役所は選挙か住民票の取得でしか行かないところ、公式ホームページや広報ページを少し覗くだけでも知らない取り組みが山とありましたし、コロナ対策で県や市独自の判断がされたりなど、もっと関心を持つべきだよなという反省ばかりです。

ベッドからマットレスからワゴンまで、生ゴミと同じ収集車に投げ込まれるのが新鮮でした。強い