Midori

ボストン市庁舎のMidoriのレビュー・感想・評価

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)
-
ストーリーを伝えること、聞くこと。
誰しもが内へ内へと閉じこもろうとする時代だからこそ。

2003年のイラク、アフガニスタンを生きのびた退役軍人が語る、40年代の沖縄戦を生き延びた男性との関係を語るシーンが強く心に残った。
彼の言葉で、戦争のことをまったく口にしなかった親戚のおじいさんのことを少し近くに感じた。