pepo

茲山魚譜 チャサンオボのpepoのレビュー・感想・評価

茲山魚譜 チャサンオボ(2019年製作の映画)
-
天主教迫害時代、元官僚でカトリックの学者ヤクチョンが流刑地の島で若い漁夫に出会う。学問に傾倒する漁夫のチャンデと彼は互いの知識を交換する形で師弟関係を結んで、ヤクチョンは「茲山魚譜」を編み、チャンデは四書を読んで儒学を学ぶ。やがてチャンデは自分達母子を捨てた父の力添えを得て科挙を受け、島を出て政府の高官になるのだが...

史実をもとにした「フィクション」だけどチャンデの名前は実際に序文に出てくるんですね。
序文に託された弟子への思いが切なくも美しかった。

不遇の中でも知への情熱が篝火になって「今いる場所」を照らしてくれる。
真の学びがくれるものは己の中の真実を見誤らずに生きていけること。

多分これは、先々折に触れてスクリーンの情景を思い出すことになると思う...水墨画のようなモノクロームの海や空が、記憶の中で天然色になる作品。


「パラサイト」のイ・ジョンウンさんがとても可愛かった。あとムツゴロウ食べられるって知らなかった ⊙ ⊙ ビックリ