mimitakoyaki

茲山魚譜 チャサンオボのmimitakoyakiのレビュー・感想・評価

茲山魚譜 チャサンオボ(2019年製作の映画)
4.0
私の大好きアジョシであるソルギョングと、さらに「ミセン」が最高だったピョンヨハンが主演。
1800年代に、キリスト教徒だという事で島流しにあった学者のヤクチョンと、貧しい島で漁師を営む青年チャンデの師弟の絆や、村人とのあたたかな交流を描いたモノクロ作品です。

ソルギョングはもちろんなんですが、チャンデを演じたピョンヨハンがめちゃくちゃ良かったんですよね。
貧しい漁師でありながら、もともとは両班の血筋もあり、深い洞察力や幅広い知識を備えてて頭が良く、とにかく本を読んで学びたい意欲に溢れた青年を魅力たっぷりに演じていました。
「ミセン」の頃はまだ初々しい感じがありましたが、島の漁師役だし、ガッチリして顔つきも精悍で、印象が全然違いました。

2人が島で獲れる海の生き物を研究しながら、共同作業で海洋生物学書を執筆していく課程がほのぼのとして楽しいし、異教徒の重罪人であるヤクチョンに対し、品のある都会の知識人として敬意を払い、貧しいながらも手厚くもてなす村の人々も、あたたかくてほっこりさせてくれます。

権力にとことん搾取され虐げられる人々を描きながら、国を治めるとはどういう事なのか、民のための政治とは、生きる、学問とは…という事を問うていきます。
時の権力によって憂き目に遭い、翻弄され苦しめられながらも、素晴らしい出会いがあり、あたたかな心の通い合いがあり、身分、階級を超えた絆が結ばれていき、人々の力強い営みや逞しさが描かれていたのが良かったです。

最近見た作品でやたらと遭遇率が高いイジョンウン。
名脇役といった位置から、今は主演級の役までこなすようになり、ほんとに存在感のある役者さんです。
ウチの夫が、「椿の花咲く頃」のイジョンウンを見て、「澤穂希にソックリやん」と言い出してから、ふっくらした澤穂希に見えて仕方ないんですけど、役柄によって印象もガラッと変わって、上手いですし、これからもますます活躍されるんだろうなと思います。

あと、「十八の瞬間」がとっても良かったカンギヨンも出てて、いつもの調子の良いちょっと軽薄な感じの役柄がピッタリでした。
出番は多くはないけど、リュスンウォンも出てて、この人、こんなええ声やったのかと再認識しました。
あと、チョンウジンがアホな役人役で、いつものエリートとは全く逆の役柄で新鮮味もありました。

本作のイジュニョク監督は、朴烈や尹東柱など、政治や戦争によって翻弄された人に焦点を当て、政治権力や戦争の暴力性を作品を通して描いてきた人という印象があり、信頼できる監督の一人です。
本作もモノクロだしテーマも地味ではありますが、美しい映像とともに綴られたヒューマンドラマは見応えがあり、とても良かったです。

16