岸和田少年愚連隊の作品情報・感想・評価

「岸和田少年愚連隊」に投稿された感想・評価

懐かしい。久しぶりに観ました。みんな若いですね!
やっぱり小鉄役の岡村さんの演技が光って見えました。チュンバ役の矢部さんは…やっぱり笑ってしまいます。

吉本の芸人さんが沢山出演しているためか、会話のテンポが良く、飛び出してくる言葉も凄く耳ざわりが良いので、観てて聞いてて気持よくなります。ただ作品の内容的には殴ってダベッて殴ってダベッて殴ってダベッての繰り返しが恐ろしいテンポで襲ってくるためか中盤から後半あたりにはもう随分とお腹いっぱいになっちゃいました。

岸和田に平和は来るでしょうか
kazuchika

kazuchikaの感想・評価

4.0
意外と良い
案外TSUTAYAに置いてない
tbc

tbcの感想・評価

5.0
ずるいずるい全員愛おしい!!!
てぃだ

てぃだの感想・評価

1.9
 「『君の名は。』みたいなオナニー動画が大ヒットしたら日本は終わり」とか「『シン・ゴジラ』はつまんなすぎて途中で見るの止めた」とかいつもやっかみにしか思えなく敵しか作らなそうな文句を映画批評と勘違いしている感のある井筒監督の代表作。「ヤンキー映画は嫌い・・とか言いながらそういえば実はそんなにヤンキー映画見てなかったな自分。見たことあるのって『ドロップ』と『ワルボロ』ぐらいか・・・、あれ?ろくに見てないくせにヤンキーのよくないイメージだけでヤンキー映画までも「嫌い」とか言っているのは井筒監督と同じじゃん!。それはやだな」ということに今回気が付きまして、で、はい鑑賞。で、えーっと、やっぱりこの人、口ほどには面白い映画を作っていない気がするんだよな。完全に好みの問題だけど。とってもゆるゆるで何度か寝落ちしそうになるし、「コンドームの代わりにサランラップ」とか「親不孝専門学校=家庭裁判所」とか正直・・そんなにおもしろいだろうか?ヒロインは夏川結衣かと思っていたら全く違っていた。人様の映画を貶すのは勝手ですけど、僕には今作は『君の名は。』以上にあなたのオナニー映画だとしか思えなかったっすよ井筒監督。
なんか面白かった記憶。
LUKE

LUKEの感想・評価

3.3
みんな若いな。
コントとコメディはやりやすいんだろうな。セリフの間(ま)が心地よい。

やられても必ずやり返しに行く、しかもきりがないなんて思わない単純なバイタリティが清々しい。最近の若者ドラマが女々しくて気持ち悪いほど。

原作の存在感が大きいので、割と気楽に作れただろう。

タイトルも詩がある。

脚本4
演出3
映像2
俳優5
印象3
ナイナイ主演の青春映画。
随分と昔に、脇役のブラマヨの吉田さん目当てに鑑賞しました。

もう20年以上も作品ですが、今回もまた主演のナイナイ矢部さんとヒロインの大河内奈々子さんとの距離感にキュンキュンしてしまいました。
ナイナイのお二人の演技力の高さと、キャスティングの巧さに当時も驚きましたが、今回もナイナイの2人の色気が凄い!なんて思いながら見ました。

芸人さんがお好きな方は、宮川大輔さんや宮迫さん、FUJIWARAの2人にへびいちご、野性爆弾のくうちゃん等の当時の若手芸人から、笑福亭松之助さんや、中田ボタンさんのような大御所まで出演されているので見応えあります。
いちいち、若っ!って思ってしまいました。
芸人さんがたくさん出演されていますが、これがまた自然に見えるんですよね。そこがまた井筒監督の凄いところ。
アドリブなのかセリフなのかわかりませんが、矢部さんのケンカシーンが妙にリアルなんですよね。
内容は喧嘩に明け暮れる岸和田の少年たちってだけなんですが、今回もときめきました。

また何年後かに見たいと思う魅力ある作品です。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

4.0
何回だって振り向いてあげるってやつ
N

Nの感想・評価

4.3
何回も見てる映画。

色んな芸人の若くて、
真っ直ぐで馬鹿な青春っぽさと古い映像がいい。

体があんなに丈夫なら人生もっと無茶をしたい。
>|