のこ

クライ・マッチョののこのレビュー・感想・評価

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)
4.7
人生には決め時ってもんがある!!

91歳のクリントイーストウッドが語るセリフ
ひとつひとつが心に沁みて来る

かつてはマッチョな男?
ロデオ界の元スターのマイク・ミロ(クリント・イーストウッド) 
落馬してから 酒に溺れ 妻も子供も事故で無くして
落ちぶれたマイクの心を奪い立たせたこと 言葉とは~
本作で少年が飼っていた闘鶏用のニワトリがアクセントに
「CRY 鳴け~~!」
急所を救う鶏の鳴き声~
マイクの心の叫びでしょうか~

恩義がある元雇用主にメキシコにいる息子のラフォ(エドゥ
アルド・ミネット)を元妻(アル中男遊び)から引き離して 
誘拐してでもいいから連れ戻してきてほしいと頼まれ 

親子以上に年の離れたマイクと少年ラフォの
メキシコ~テキサスまでの
二人の交流~
最初は少年にとってマイクはただの老いぼれでしたが~
難所難所を マイクの的確な知恵と判断力で~
かつての「マッチョ」と生意気な少年は距離が縮まって!

本作緊迫感はほとんどないですが~
少年との関係に焦点をあてて
忠告や男らしさの定義~
闘鶏との心温まるシーンや
恋心も~いい雰囲気で アツアツw

そして何と言っても
イーストウッドがカウボーイハットを被り馬に跨る姿に
ファンは拍手でしょうね!😊
1992年に出演した『許されざる者』以来の乗馬シーンらしいですが!

特別な銃撃戦やアクションはないですが~
彼が語るロードムービーは
老いを感じるけど まだ学ぶべきことがある男の物語を伝えている~
彼の演技に賛否両論がありますが~
監督デビューから50年、40作目となる記念作
昨日からの名古屋市内雪の中~封切、初回朝9時20分
イーストウッドの映画を観ることができて嬉しかったですね! ありがとうございました✨