片腕ファルコン

愛がこわれるときの片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

愛がこわれるとき(1990年製作の映画)
2.8
『フック』とか『プリティ・ウーマン』と同時期のはずなんですが、何故かこのジュリア・ロバーツは可愛くないですね。。謎。

最初、また温くて切ないラブストーリーを見せられるのかと思ったら…全然違うのですね。。

DVを受ける妻が死んだフリをしてまで夫から逃げる追いかけっこムービー。

良く分かりませんが、1990年というこの時代はまだDVに対してそこまで国は厳しくなかったんですかねぇ。

必死に逃げるジュリア・ロバーツは良いとして、あそこまで執着する夫の行動がよく分かりませんでした。。
途中から登場する男性の頼り無さにはビビりました。。

理由はともあれ
女性と映画館の前の席は蹴っちゃいけませんよ。