せーや

愛がこわれるときのせーやのレビュー・感想・評価

愛がこわれるとき(1990年製作の映画)
2.9
ストーリーはどっかで見たことあるような内容。旦那さんのDVが酷くて逃げる奥さん。普通の方法じゃ逃げられないと考えた奥さんは自分の死を偽装することを思いつく。死を偽装し新しい生活も始まり優しい男性と恋仲になるが、元旦那の執拗な捜査によって生きていることを知られてしまう。なんとなく既視感があった。
死んでからも奥さんとの結婚指輪を付ける人もいて、愛する奥さんをなくした可哀想な旦那さん。って印象になるはずなのに、この旦那さんだと死んでからも執着し続ける旦那さんっていう怖い存在にしか思えなかった(笑)(2015/11/21 TV)