Azmin

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイドのAzminのレビュー・感想・評価

3.5
ダン・スティーヴンスの新作、しかもドイツ語を話すアンドロイドの役ということでずっと楽しみにしてましたー!

冒頭からいきなりダンの人間離れした魅力全開、エスコート&ダンスの妖しげなシーンだけでハマった~。
個人的にはもっとこんなシーン増やして欲しかったなぁ。

アンドロイドなので独特の表情や動き、そこにインテリジェンス溢れるセリフのオンパレード。
しかもドイツ語。
それらを見事にこなすダンの才能には参ります!

シングルで仕事に燃える(しかない)中年女性アルマのトゲトゲした言動もわかる気がするし、それをどう受け止め学習し、アルマの要望に応えるかをアンドロイドらしく考えるダン演じるトム。
ふたりのやり取りがもどかしくて切ない。

SF要素は皆無、ほぼラブストーリーに近い大人のドラマだった。
とにかくダンがいいです。
お肌もツルツル、人懐っこい綺麗なブルーの瞳で笑うところなんて素敵過ぎる。
バラのお風呂に浸かるシーンも可愛かった。
うちにもトムが欲しい~!