cherry

鳩の撃退法のcherryのレビュー・感想・評価

鳩の撃退法(2021年製作の映画)
3.8
鳩の撃退法、タイトルが気になって観たけど面白かった。タイトルだけを知っていた母は本気で鳩の駆除業者の映画だと思っていた笑

今作はそんな話ではなく、小説家が担当編集者に新作の小説を読ませる所から始まっていく物語。
随所でテンポの良い音楽が流れていたのが心地良く、作品全体が妙な空気に包まれていて不思議な感覚になった。

冒頭から何かあるなと思わせるシーンの連続で、目が離せなくなる部分が多かった。藤原竜也演じる津田伸一が、今起こった出来事を紹介するような所からもこの世界観に引き込まれた。
言葉の一つ一つや些細な行動がどれも特徴的に描かれていて、どこか引っかかるものがあるから、それが積み重なっていくことで自分の中で疑問も大きくなっていった。
不思議に見える行動をしても小説の中の出来事だったらあり得るしなぁと思ったり、でもそんな事を考えていたら次の場面に切り替わって忙しかった。

どこからが実際に起きた出来事で、どこが小説家が描いた想像の話なのか。そんなことを考えながら観ていくのが楽しい映画だった。
観終えてから誰かと話すのも、もう一度じっくり観るのも楽しい映画だと思う。