CHEBUNBUN

悪い奴ほどよく眠るのCHEBUNBUNのレビュー・感想・評価

悪い奴ほどよく眠る(1960年製作の映画)
3.5
【『犬ヶ島』の元ネタ】
『犬ヶ島』のストーリーの軸がぶれ、黒澤明映画の中でもマイナーな『悪い奴ほどよく眠る』だったので観てみた。

『醜聞』もそうだが、黒澤明は実は凄まじい社会派ドラマも撮れる監督だ。

土地開発公団の汚職により、自殺者が増える中、真実を暴こうとする者たちの暗躍を描いた作品。

よく、会社の正義と自分の正義の板挟みに苦しみ、自殺する人がいるが、自殺するとどうなるのかを車を使って走馬灯のように魅せていく様子に痺れる。

そして、地獄谷、廃墟を使った圧倒的ビジュアルに、「これはウェス・アンダーソン好きだな」と納得した。

特に事前情報仕入れず観てほしい。黒澤明映画苦手な人も楽しめる作品だ。