Risa

ノーカントリーのRisaのレビュー・感想・評価

ノーカントリー(2007年製作の映画)
4.3
映像:⭐️⭐️⭐️⭐️
音楽:⭐️⭐️⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
泣ける:
笑える:
怖い:⭐️⭐️⭐️⭐️
ためになる:

あらゆる賞を総なめにしたこの映画。アカデミー賞も4冠、恐るべし…


雑あらすじ
↓↓↓

ベトナム帰還兵のルウェリンが死体のそばに大金発見。
そしてそれを持ち帰ったことで殺人鬼シガーに追われる羽目に。




このシガーがめちゃくちゃ不気味。無表情で人を殺していく。サイクリング中の無害な人も容赦なし。
しかも使う武器がホースみたいなよく分かんないエアガンちっくなやつで、その音がこれまた耳に残る…

ここまで来るとホラーなんじゃないかって程のシガーの不気味さ。少なくとも某蝋人形の館とか、某カタコンベとか、某変態村とかよりは断然鳥肌立つ(笑)


ラストがこれまた衝撃的。

ここで気づかされるのが、
この映画の主人公が、殺人鬼シガーでもなければ殺人鬼に立ち向かうベトナム帰還兵ルウェリンでもない、ということ。

主人公は、
BOSSのCMのトミーリージョーンズ演じるおじいちゃん保安官。

原題が、"No Country for Old Men"となっているのはそういう所以。

一方邦題。こちらはなぜか『ノーカントリー』。
なぜ。なぜ後半省いちゃったの。



怖く不気味な一方、めちゃくちゃ深い映画だった…!