やま

ノーカントリーのやまのレビュー・感想・評価

ノーカントリー(2007年製作の映画)
4.4
コーエン兄弟の映画で1番のお気に入り。

自分は音楽をオシャレにカッコよく使う映画が好きなんだけれど、こうやって無音で淡々と進んでいく映画もとても好き。
最近だと「セールスマン」もそうだった。今作は、音楽なしの無の中おかっぱ頭の殺し屋が迫り来る恐怖感を味わえる。ハビエルバルデム演じる殺し屋の武器も音がしない空気銃という変わった武器も面白い。

大金を拾ってしまったばかりに追われる主人公の話でストーリーはないのだけど、トミーリージョーンズの意味ありげに思えるopや終わりの語りだったり、殺し屋シガーのコインだったりが物語に深みを持たせているように思える。

奥さんのラストのシガーに対して言った言葉だったりとかシガーのラストとか記憶に残るシーンが多いのだけど、
個人的に序盤の警察官を鬼の形相で絞め殺す彼が一番怖い。もっと怖いのはそれを警察官が必死に抵抗したと分かる床を映し出すシーンだったりもする。