LOVE肉球

ノーカントリーのLOVE肉球のレビュー・感想・評価

ノーカントリー(2007年製作の映画)
3.8
ハビエル・バルデムの印象ハンパない。のっけからもう存在感のデカさハンパないです。
ジョシュ・ブローリンとの攻防が手に汗握る緊迫感ですが、ラストでトミー・リー・ジョーンズが祖父の家を訪ねていくところが、この物語のクライマックスなのだと思います。狂気としか言いようのない犯罪。誰も止められないであろう犯罪と向き合う無力感。それが描かれているのかなと思いました。
だから原題がNo Country for Old Men なのかな。