ラチェットラクーン

ノーカントリーのラチェットラクーンのレビュー・感想・評価

ノーカントリー(2007年製作の映画)
4.5
傑作コーエン兄弟映画

緊張感を極限まで高める演出とそれに素晴らしく貢献した静かな音響、心を奪われるような美しいロケーションとそれを素晴らしく映した撮影、クライムドラマっぽさと西部劇っぽさとスリラーっぽさの混ざり合った見事なトーン、イカしててカッコいいジョッシュ・ブローリン、面白いトミーリージョーンズ、そして可愛らしいヘアースタイルしてるくせに怖すぎるハビエル・パルデム、世の中の不条理さをテーマにしたリアルな脚本、先の読めない緊迫感あるストーリー。

観客を容赦のない世界観に閉じ込めてその恐ろしさを体感させるタイプの映画です。

久々にこんな怖くて悲しくてどうしようもない思いした映画。

表か裏か?
賭けろ。