ノーカントリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ノーカントリー2007年製作の映画)

No Country for Old Men

上映日:2008年03月15日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

「ノーカントリー」に投稿された感想・評価

ayumiii

ayumiiiの感想・評価

-
感想あとでかく
不気味で怖い
ゆうが

ゆうがの感想・評価

3.7
セルフ手術のシーン、1人でぐわぁ!って言いながら観た

このレビューはネタバレを含みます

犬を撃ち殺します
「近頃の世の中や若者にはついていけんよ、、」という、老人の勝手な吐露のようなクライム映画。

田舎町を舞台に「中途半端なやつが中途半端なことをしようとするせいで大変なことになる」という、コーエン兄弟お決まりのフォーマット。

ただ作風としてコーエン兄弟の映画は、何だかんだいっても勧善懲悪な気がしていて、だからこそこの「ノーカントリー」は異色作だと思う。

個人の力ではどうにもならない(と思い込んでしまう?)、純粋な悪と不条理の存在。アントン・シガーという無軌道で不死身なサイコパスの存在が、その「どうにもならなさ」に拍車をかける。

そんな悪は確実にいるのに、逆にこの世にヒーローなんてものは滅多にいない。あのトミー・リー・ショーンズ演じるベテラン保安官だろうと、家族がいるから…、もう引退だから…と、圧倒的な恐怖の前では立ち向かうことを諦める。

そういう誰しもの心にある、世の中に対する「潜在的な無責任」こそが、悪をのさばらせてしまっているのかもしれない。

冒頭に戻るけど、『「近頃の世の中や若者にはついていけんよ、、」』、は全くの筋違いで、それは完全に年寄りの視点。「あなたが歳とってるからじゃないんだ、若者のせいじゃないんだ」と言ってやりたい。

そう考えると、原題の"NO COUNTRY FOR OLD MEN"が、あまりに高齢者目線過ぎて、最強にシニカルに聞こえてくる。自分には関係ないと、勝手に責任を放棄して諦めないでほしい。COUNTRYは老若男女みんなで作るものでしょうが。
Pecco

Peccoの感想・評価

1.0
難解すぎた
思ってたよりトミーリージョーンズ出てこない
ゆーご

ゆーごの感想・評価

3.7
ハラハラ感味わいたい方は是非ご視聴を
ハビエルバルデムは悪役が似合いすぎる、こういうサイコ系の悪役が、とても好き、怖いけど
意味分からんけど面白い!!超好き!!!
>|

あなたにおすすめの記事