ノーカントリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ノーカントリー2007年製作の映画)

No Country for Old Men

上映日:2008年03月15日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

「ノーカントリー」に投稿された感想・評価

ヌル

ヌルの感想・評価

2.5
ラスト…ノーコメント。、。。
見境なく、人を殺す。
雇い主ないし、おそらく関わった犯罪組織も。
境という概念を持たない殺人鬼。
決して殺し屋ではない。

ある意味、犯罪組織キラーでもあるが故、善悪の境もない。
法秩序、教養を施された人間にすればそれは、(恐怖)でしかない。
それを感じ受けた保安官は夢を。
真理を突いた作品。
ユキ

ユキの感想・評価

5.0
予備知識なしに観たら、ぶっとんだ映画で嬉しい悲鳴。
変な髪型の人の強烈な印象はおそらく長く自分の中で残るだろう。
消化不良な満腹感
ねーじ

ねーじの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

毎度映画を見た後は他人の考察を見るようにしてるんだけど、この映画は確かに面白いと思う人とそうでないと思う人に別れると思う。

①マフィアの抗争後の現場に現れた主人公が金をパクって追っ手から逃げる。
②後から来たマフィアが主人公を追いかける。
③同じ頃に別の組織からの依頼で無慈悲な殺し屋も主人公を追いかける。その際まぁまぁ手当たり次第に人を殺す。
④主人公の身を心配した保安官が①~③を追いかける。

この構図。

殺し屋は「関係者は殺す」「関係ない人はコイントスで生死を決める」のスタンス。「自分に関わった=死」という発想。

最後の方で、パッと見はマフィアに主人公が殺され、遅れて保安官が到着したかに見えたけど、どうも考察によると殺し屋がマフィアの一部と主人公と、あとプールにいた女性を殺した、ということらしい。理由はプールの女性まで殺すやり方は殺し屋の手口だから、との事。


保安官は、このイカレた世界の変化についていけないので仕事を辞めると決意する。


備忘録として未来の自分に向けて書いているが、面白かったと伝える気が無いな。

それぞれのキャラクターを考察したり、殺し屋は天災のような存在として振る舞ってはいたものの結局追突事故に合ったりもするし、主人公の嫁にコイントス(運命)じゃなくてお前の意志で決めろと言われたりと、天災でなく人災でしかない、と思って見たら楽しい?のか?

俺は面白くなかった。
moco

mocoの感想・評価

-
ああ、BGMがないんだな。
音響効果なくたって、嫌な気配が伝わってくる。出会いたくない
遊

遊の感想・評価

-
デビュー作ですでに確立してた方向性からまったくブレずに予算とグレードを上昇させてアカデミー賞に至るのマジでかっこいい
コーエン兄弟、昔に一本見たきりでこの作品は評判いいしなんとなくで見たけど、かなり良かった~❗シガー怖っっ!どこまでも追いかけて来るし容赦ないしまるでホラー💦悪役の殿堂入りでは?
初めは唐突な終わりかたにえっ?ってなったけど後からあれやこれや考えて頭から離れない~
fuchan1014

fuchan1014の感想・評価

4.5
好きか嫌いかはっきり分かれると思うけれど、、ずっと引き込まれっぱなし。コーエン兄弟!さすがです!面白い!ラストの拍子抜ける感じは自然と人間の根底の本質って、、考えざるを得ない映画に。映像から滲みだす隅々 至るところのセンスがセンスが大好き。なんだろうな、、この空気感。そして案外 哲学。チカラの入りすぎないこの感じまでもいちいち洒落てるんだよな。。コーエン兄弟最高!
>|