ノーカントリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ノーカントリー2007年製作の映画)

No Country for Old Men

上映日:2008年03月15日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

「ノーカントリー」に投稿された感想・評価

meganeeee

meganeeeeの感想・評価

5.0
見た目が好き洗練されてる
hase3001

hase3001の感想・評価

3.0
コーエン兄弟の監督作品。全編、ヒリヒリした感じの雰囲気が漂ってくるけど、ラストに安定感を感じさせるような着地は、コーエン兄弟らしい感じがしましたね。

物語は、ベトナム帰りのハンターが、たまたま麻薬と金の取引現場後から金を持ち逃げしたことから、猟奇的な殺人者に狙われるというストーリー。

そして、クライムサスペンスと並行して、その事件を追うトミー・リー・ジョーンズが演じる保安官の語る何か別世界のようなストーリーが面白い。

未来に起こる悪いことを避けて生きる方法というのは、誰も知らないとは思う。この映画では、父の教えや、古い友人の助言であったりする保安官的な人生と、全てをコインで決めてきたシガー的な人生。両極端ではあるものの、その一部を、多かれ少なかれ経験したことがあったりするのではないでしょうか?

ただ、そう思っていても、何が起こるか分からないのが人生であると、この映画は語っていると思います。

保安官が語る食肉業者の弾丸の話
モスが偶然居合わせた麻薬現場
現場に戻ってきた保安官を打たなかったシガー
シガーの自動車事故

神出鬼没のシガーであっても、アクシデントにはかなわない。

保安官のように、夢を見たことを語りながら、何もせず余生を暮らすことが幸せかどうかわからないけど・・・そう信じて、暮らせるなら、それに越したことはないように思います。何せ何が起こるか分からないのが人生なのですから・・・
nanchan

nanchanの感想・評価

-
昔見た。

確かに、アカデミー賞助演男優賞を受賞したハビエル・バルデムの存在感はすごかった。
が、「映画は楽しい時間を過ごすためのもの」と思っている私には、「え?これで終わり??」だった。
真の映画好きには、「堪らない深み」があるのかもしれん。
三つ巴の展開。面白い。後半、最終展開が不満。何かフイルムが足りなくなったような省略展開で何か示唆があるのか理解不可。映像的には意味不明のカットが結構挿入されており、また台詞にもかなりあるが、逆にそれがリアリティーさを醸し出す。私の頭では理解は無理かも!

このレビューはネタバレを含みます

映画に込められたメッセージは当然あるだろうが、そこまで深く考えなくとも綺麗な映像、アメリカの荒野や町並み、殺人鬼の恐怖を感じる事が出来る
「こいつ何考えてるの?」「次は何をややらかすの?」「つーか何でエアボンベで殺人?」頭の中がそうなった時点で七三おかっぱサイコパスのおっさんに魅入っている。
ハビエル・バルデムのサイコ具合がやばすぎるww
鍵穴シュポっっっっ
いや家畜用の銃なんかい

ひたすら痛々しい場面が多く、しんどいとこもあるけど内容はよく出来ていると思う
ベルのセリフが深い
世界は移り変わるものなんだな、、、
なぜか

なぜかの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ハビエル・バルデムが超怖いけど、超かっこいい。会話は少なめで映像で魅せる感じかとてもカッコ良い、、過剰に説明せず、三つの視点を入れ替えることで何が起きているかを少しずつ明かしていきながら、緊迫感のある演出で渋い…

どういう結末を迎えるか、終始期待していて待っていたが、あれ!?どういうこと!?と豆鉄砲をくらう。

我々なんかが期待していた安直な結末なんかでは無く、もっと深いテーマを込めた映画だったのである。考察などを読んでまた再鑑賞するとまた意味がわかってかなり面白い。
稀に見る全く感情移入できない悪役。あの髪型にされたことは少し同情する。
mas

masの感想・評価

3.7
ハビエルバルデム怪演
>|