ryusan

ライダーズ・オブ・ジャスティスのryusanのレビュー・感想・評価

3.7
アラブ首長国連邦より映画最新情報をお届け。
一足お先に「ライダー・オフ・ジャスティス」観てきました。
ちょっと珍しいデンマーク発のアクション映画。

オットーはたまたま乗り合わせた地下鉄で事故に会う。
その直前にたまたま席を譲ったため娘マチルダの母親を死なせてしまう。
しかしその事故がテロではないかと疑い、ハッキング仲間と事故の事をべるうちにますますその確信を強める。
そしてマチルダの父で軍人のマーカスと共に犯人と思われる組織に近づいていくのだった。

暴力でしか自分を表現できない父と、天才だけれど性格的に問題ありの3人の仲間、娘とその恋人、組織に拉致されたホモの青年たちが奇妙な連帯感で結ばれて、危険な復讐に突き進んでいく。
コメディー要素を微妙に取り込みつつしっかりバイオレンスなアクション作品です。
ハリウッドとはまた一味違う、しっかり人間ドラマも描いた筋運びで新鮮でした。

日本でも早く公開されるといいな。